イクライフスタイル

旅好きクリエーターいくらによる
旅・仕事・資産運用・節約・保険・美容・変形股関節
new最新記事
ひとりっぷリニューアルから2か月

ひとりっぷをWordPressにリニューアルしてから、気が付けば2か月が過ぎていました。

忙しくてほぼ放置していたのですが、ちょこちょこアクセス解析をチェックしていると、なんとアクセス半減orz。

細かいページの移設がうまくいってなかったりといろいろあったし、まぁ仕方ないかと思ってました。

 

もう一つ気になっていたのがページスピード。なんかえらい点数が低くてレッドゾーン。何とかならないかなといろいろ調べてちょいちょい試していました。

そして今日もあれこれ調べながらトライ&エラーを続け、結構改善して65点オレンジゾーンに。

いったん改善はこの辺で。

 

それからいろいろうっかりしていたことが。

いままでひとりっぷはサブドメイン設定を/tabi/ディレクトリにしていたのだけど、今回のWordPress化で/blogs/に変更した。

つまり

hitrip.ikuranet.com = ikuranet.com/tabi/

だったのが

hitrip.ikuranet.com = ikuranet.com/blogs/

に変えたのだ。

/blogs/っていうディレクトリ名は今となってはもうちょっと違うほうが良かったのではと思うのだが(hitripとかね)、そもそも当初WordPressを練習で導入したときはそこまで考えてなくてblogsとしてしまったのをそのまま使うことにしたからこうなってしまった。

で、ひとりっぷの変更設定はなんとかできたのだけど、ikuranet.com/tabi/内にあるその他複数のディレクトリのことをすっかりわすれていた。例えばikuranet.com/tabi/USA/など、これらを/blogs/に移動しないとページが存在しないことになっちゃってた。

まぁたいしてアクセスのないぺーじだからいいのだけど、取り急ぎblogsに移動して応急処置。blogs内がどんどんぐちゃぐちゃに(汗)。

 

まとまった時間ができたら、ほんとikuranet内をぜーんぶきれいに再構築したい!!

 

 

 

 



| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 23:53
WEBマーケティング
新しい仕事ではWEBマーケティングをモーレツに頭に叩き込んでいる。
せっかく覚えた&もっと深く知りたいというのもあって、さっそく自身のWEBサイトでもその考え方を導入して実践しようと行動に移しました。
例えば、よくわからないまま中途半端に入れていたGoogleアナリティクス。
実は「タグは全ページに入れなければ意味がない」ということすら知らずトップページにしか仕込んでいなかったので、試しに全ページに入れてみたり。解析の見方をひとつひとつ覚えたり。
解析ができたら、本格アクションはその後だ。
どのページがどれだけ見られているのか、流入経路はどこか、見ているユーザーの性別、年齢、使われているディバイス・・・すべてマーケティングにおいては当たり前の初期段階なんだけど、それをどう分析してどう生かすのかというところまで、今ならなんとなくわってきた。

面白い。



| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 10:59
アドセンスの「レスポンシブサイズ」はIEで不具合

 アドセンスに「レスポンシブサイズ」という、配置場所応じて自動的に最適なサイズの広告が配置されるというものが、いつの間にかできていた。

「おおこれは便利」

とばかりに早速、ブログの文章下に挿入してみた。

かねてから、このスペースに合うアドセンス広告サイズがなくて、とりあえず300x250を置いていたがいまいちだと思っていたのだ。

すぐに効果は発揮され、本当に適度なサイズの広告が表示されるようになった。

・・・と思ったのもつかのま。

ファイヤーフォックスではちゃんと表示されるのに、IE(ver11)だと、勝手に横幅がびろーーんと伸びてテキストのBOXが横に引き伸ばされ、同時にテキストの横幅も伸びてとても読みにくい状態。もちろん全体のレイアウトも崩れてしまう。

これがグーグルアドセンスのレスポンシブ広告とIEの相性の悪さのせいだと気付くのに小一時間かかった。

仕方なく、広告をまた300x250にもどした。

残念。






| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 12:40
Kindle書籍制作&リリースメモ2
kindle用電子書籍の制作に試行錯誤の日々。
今ぶつかっている問題は、
KC2を使って書き出したmobiファイルをKDPに再提出して更新したところ、iPhoneでサンプルページがエラーで見れない。つまりiPhoneでは購入しても見れない?
という問題。
最初にKDPに提出したindesignで作成したepub→mobiファイルはちゃんとiPhoneでみれたのに(しかし余白が大きい問題があったため今回直して更新した)

KC2はiPhone表示に対応していないのか?
更新したのが問題なのか?
kindle for iphoneの問題なのか?

さんざん検索してkindleフォーラムを探ったりして原因を突き詰めるが解決がみつからない。電子書籍フォーマットもKDPもまだまだ発展途上にありバグだらけらしいから、バグのせい?とも疑ったり。
いろいろ仮説を立ててトライしてみたところ、
これまたあっけなく解決した。
古いサンプル(更新前のサンプル)がkindleクラウドに残っていたのが原因だった。
iPhoneのKindleアプリの「すべてのアイテム」の”クラウド”の方(”端末”ではなく)に残っていた古いサンプルを”永久に削除”(端末から削除ではなく)して、再びAmazonの商品ページからサンプルをダウンロードしたら、あっけなくちゃんと表示された。

そして一番気にしていた、全画面表示はバッチリ直っていました★\(^□^)/
それからついでに修正してUPした表紙の画像も遅れて更新されました。

↓表紙を縦長に再編集。表紙は横長だと小さく表示されるので縦長のほうが見栄えがいい。(本文は横長)

note:
・ちなみにkindleの「永久に削除」は、購入した電子書籍に行うとまた見たい場合は再購入が必要になる。
・一度購入した後に書籍がアップデートされた場合、そのアップデートされた書籍を手に入れるのはどうも手間がかかるらしい。このようにいったん永久に削除して再DLすれば手に入るがお金がかかってしまう。お金をかけずに再DLするにはサポートに連絡する必要があるんだって。そう考えるとあまり頻繁に更新するのも考えものだなと言う感じです。
・価格はロイヤリティ35%で$1.99が最低価格に設定できました。日本円で236円(レートによって変わるみたい)。
・今回のmobiファイルの容量は約14MB。ページ数は72P。画像サイズは938x657pxclで作りました。この画像サイズは取り急ぎ既にあった素材のサイズままで作ったのだけど、iPadとかだとちょっと厳しいレベルかも。iPhoneならOKだろうけど。でも938x657pxclの縦横比率だとiPhoneでは左右に余白ができちゃうのでホントはもちょい横長形状がよい。
ディバイスサイズはまちまちなので難しいけど、もっと研究が必要。




| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 12:57
Kindle書籍制作&リリースメモ
Kindle書籍制作についてあれこれ試行錯誤の日々。
InDesignで制作すると必要以上に大きな余白がどうしてもできてしまう。この問題の解決が見いだせない。作りたいのは写真メインのいわゆる写真集なのに写真がちまっとしか表示されないなんてあまりにも大きな問題。
Amazonが提供しているツール「Kindlegen」を使うといいという記事もあったので、ためしにDLして使ってみた。使い方はネットで検索して見よう見まねで。



「うおーっすごいっほんとにepubファイルをmobiに変換できた〜〜」

・・・ってオイ!
こんなコマンド操作ツール、プログラマーレベルじゃないと扱えませんって。
mobi変換操作以外どう使えばいいのかわからないし。

余白ができてしまうのは
mobiファイルの問題なのか、
epubファイルの問題なのか、
indesignの問題なのか。

その悩みは、ある方法でなんともアッサリと解決した。
Amazonのツール「Kindle comic creator(KC2)」。
これで作ったら、あらまあ、簡単きれい。画面ピッチリ。
・・・もっと早く知りたかったよorz...
(ただKC2は画像メインの電子書籍を作成するためのツールなので、テキストを入れたい場合はあまり使えない)

とにもかくにもKC2のおかげで簡単に一瞬で適正な(=画像が画面いっぱいぴっちり表示される)mobiファイルを作成することができた。
そこでさっそくKDPにアップしているmobiファイルを更新することにした。
更新の場合も承認が必要で48時間以内とのことだったが数時間後には承認された。

では!さっそくiPhone見てみよう!
とAmazonの販売ページから「サンプルを見る」でKindle for iPhoneに転送し開いてみた。
・・・が、しかし。開かない。
エラーが出るのだ「アイテムはこの端末で使用できません〜・・」アプリをアップデートせよ、みたいなことが書かれているのだが、アプリは最新バージョンだ。
「なぜ、みれない orz...」
iPhoneでみれないのでちゃんと表示されるかの確認ができない。

Kindle Previewerで表示確認できればいいのに、どうもiOSデバイス(=iPhoneやiPad)の表示はできないのだ。
表示用のazkファイル書き出しはできるのに、画面は真っ白。意味ないじゃん。どうやらそのazkファイルをiTunesを経由してiPhoneのKindleアプリ内に転送すればiPhoneで見ることができるらしいのだけど・・・なんじゃそりゃめんどくさっ。

ってか確認うんぬんの問題じゃなく購入者もiPhoneじゃみれないのか?それはまずいでしょ。

またしても壁にぶつかった。
とりあえず、今日は寝る。



| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 22:24
InDesignでKindle書籍制作&リリースメモ
昨日時間ができたので、原宿のノマドカフェでMacを借りてInDesignCS5で制作開始。練習作品なのでアルバム編集画像を貼っただけの簡単な写真集を作る。とはいってもいきなり70ページ以上の超大作(笑)
EPUBファイルを書き出してKDPにアップロードする・・・しかしえらい時間がかかり、うまくいかないので自宅に帰ってからやり直し。
自宅のWindwsマシンのInDeignCS5.5で再度EPUB書き出してKDPにアップロード。すんなりといったのはネット回線の問題だったのか。
プレビューで確認し、表示はうまく行ったのでそのまま登録を進め公開。
次の日には承認されてリリースに至った。
こちらです。どーん。
 

↓世界中での販売となるため英語表記もある。

制作からリリースまでにかかったのはわずか1日。こんなあっさり販売できちゃうなんて、アンビリーバボー。
ちなみに価格はこの写真集の場合容量が重いのでUS$3が最低価格となりました。これ以上安くはできないのだ。
できたはできたけど、周りに白い余白が大きくとられているのがよくない。この辺をもっとつきつめないと。修正や更新も随時できちゃうのは素晴しい。っていうかこの辺はもうアプリと同じだね。電子書籍は簡単なアプリである。

WindowsマシンだとEPUBファイルを確認するビューワがないので(Macなら標準装備のiBookで見れる)無料のツールKindle previewerをDLした。
しかしエラーで確認できない。少し調べてみるとInDesignから書き出したEPUBはKindle previewerでは見れないという記事があった。どうもメタ情報がないとだめらしい。
勉強すべきことはまだたくさんある。
ひとつひとつの問題を仮説を立てて検証していく地道な作業。
わからないことはネットで検索して先人たちの足跡を辿る。
でも新しいことを学ぶって、楽しい。クリエイティブな分野のね。

ところでAmazonで売っている本のKindle版はKindleがないと見れないと勘違いしている人って多いみたい?私も最初はそうだと思ってた。
スマフォにKindleアプリを入れるだけで読めるのだということは、もっと広く認知された方が良いと思う。Kindleユーザーは少ないけどスマフォユーザーはごまんといるのだから。

 


| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 12:08
Kindle個人出版「ダイレクトパブリッシング」のお勉強
アマゾンにはkindle用電子書籍が誰でも無料で出版できるサービス「ダイレクトパブリッシング」があります。これ、やる気さえあれば、ものすごくアメージングなサービスです。
ここ数日はこれを勉強する事にしました。
興味を持ったきっかけは別にあります。それは私がよく利用しているオンラインアルバム印刷サービスMyBook 。Mybookでは自分で作成したアルバム(=写真集)をアマゾンで販売できるサービスがあり、最近キャンペーンでその利用料が無料とのことで申し込んだのです。
ところがいざ作ろとして構想を練ったところ
「無名の個人が作成した1万円もする写真集いったいどんだけ売れるのか?」
と考えるとどうにも売れる気がしない。
そう、このサービスはMyBookの実際の印刷代に自分の利益や手数料が乗るのでとんでもない金額になってしまうのです。注文が入ってから1冊単位で印刷販売できるので在庫をまったく抱えないでいい、リスクのない素晴しい個人出版サービスなのですが、そのローリスクの代償にばか高い商品代金になりそれを購入者が負担する事になる。
これはどうも忍びない。
そんなこんなを考えていたので
「Kindleの電子書籍なら印刷代がかからず同じ事ができるではないか」
という考えに至るのはすぐでした。
amazonで電子書籍が個人で販売できるということは前々からうっすらと知ってはいたのですが、むずかしそう、めんどくさそうとあまり深く調べた事はありませんでした。
しかしちょっと調べてみると、今はいろんな無料のツールが用意されていてさほどむずかしくはなさそうだと言う事がわかってきました。しかも私が使い慣れているAdebeのInDesignで簡単に作れてしまうみたい。
・ツールはそろっている
・技術もある
・作りたいコンテンツ(旅)もすでにある

ならば習うより慣れろだなってことで、調べながら同時に手も動かして作っちゃうのが早い。ロケットスタートでトライしています。

まずはamazonダイレクトパブリッシングに申し込み登録。
それからコンテンツの作成
そしてアップロード。
わからない事だらけですが、Amazon に自分の作品を並べる事を夢見てトライ&チャレンジ。



| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 14:20
スマフォ専用サイト作りの勉強
WEBサイト作り&公開をもう10年以上続けていますが、今のところPC用サイトのみ。
アクセス解析を見るとスマフォで閲覧しているユーザーが年々増えていて、私自身でさえもPCよりスマフォで見ることが多くなった。
そろそろスマフォ用サイト作りを勉強して構築しなくちゃなと思い続けて数年。
今日は会社の自主研修も兼ねて勉強&実践です。

WEBサイト作りに使用しているのはプロご用達の「Adobe Dreamweaver」
....と言いたいところですが、Dreamweaverはサブ的に使っていてメインはなんとソースネクストの「ホームページZERO」。
これ素人向けアプリなんですけど、サイトをスピーディに構築するにはめちゃくちゃ楽なんです。
サイト作りそのものの質を上げることに時間をかけるより、内容やスピードの方が私にとっては、というかサイト運営をすべて一人で行うには大事。ソースが汚くてもある程度はしょうがない。
で、このホームページZEROには
「たったの4操作でPCサイトをスマフォサイトに作りかえられる」
なんて機能が実装されてます。
どんなもんかなと試してみました。

この機能はPCサイトをまるっと複製し、CSS(レイアウト)をスマフォに最適化したものに適応させるというものでした。
そして複製されたサイトはPC用サイト内に「sp」というフォルダに格納されます。
PC用index(トップページ)とスマフォ用Index(トップページ)にはそれぞれ「PCサイトに切り替え/スマフォサイトに切り替え」というボタンを設置。ユーザーはボタンをクリックすることでそれぞれのサイトを見ることができます。

うううううーーーーん。
「サイトをまるっと複製」というところがいまいち合理的じゃない。
もしページを更新するとしたら、2ファイルをなおさなくてはいけなくなる。
データ容量も単純に2倍になる。
小さい規模のサイトならいいだろうけど、ページの多いサイト向きの方法ではない。
簡単にできるのは確かだけど。

この方法は使えないということがわかりました。

理想とするのは、読み込むhtmlは同じファイルで
利用する端末によって自動的にCSSだけが切り替わって適切なレイアウトになるという方法。
もうちょっと勉強します。






 


| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 10:48
スパイウェア「RelevantKnowledge」
 急にIE9の読み込みが遅くなったのでおかしいなと思い、アドオンをすべて無効にしたりと調べていたらどうやらスパイウエアにやられていたようでした。

IEが遅いので他のブラウザーはどうかなとFireFoxを立ち上げたときです。突然、「インストールされているソフトウェアが次のアドオンのインストールを求めています ”RelevantKnowledge”」というタブが立ち上がりました。
「なんじゃこりゃ。そんなん入れた覚えないぞ。」
すぐに調べるとこいつがスパイウェアであることがわかりました。
コントロールパネルの「プログラムと機能」を確認すると、「RelevantKnowledge」がリストにあるではないですか。インストールされたのは2/2、昨日の日付です。
昨日はWindowsアップデータをかけただけでそんなものは入れていない。
すぐにアンインストール。Firfoxに出たアドオンインストールの警告はもちろん無視。

これによって、IEの問題は解決しました。
あーよかった。こわいこわい。
でもいったい何がコイツを誘導したのか、それがわかりません。


| いくら | WEBライフ | comments(0) | - | 00:47
レストラン「リトルヘブン」さんHPリニューアル
大学時代にアルバイトをしたのがきっかけで
長年お付き合いのあるレストラン「リトルヘブン」さんの
ホームページをリニューアルしました。
今月の中旬くらいから作り始めて本日正式リリースです。

昨日までのホームページはこんな感じでした。


そして、大幅リニューアル後は
こちらをご覧ください→ LITTLE HEAVEN


全体のデザイン変更はもとより、一番のポイントはFacebookページとの連動仕様。
それまではブログと連動させてトップにRSSで記事を読み込ませていたのですが、FBへの移行には時代の流れを感じます。
トップページにはFBのLIKEボタンとLIKE BOXとRSSを配置。
RSSの下に並ぶ画像はブログから自動抽出される「フクガン」さんのツールを利用しています。これ、素敵すぎます。
トップの動画はFlashではなくJavaScriptで動かしています。Flashはスマフォで見れないので。JavaScriptはここしばらくはまっています。もちろんゼロからは作れないのでフリー配布のものを改変しています。
お問合せフォームはKENTさんのCGIスクリプトを利用。今回「2つのアドレスに同時に連絡がいく」ように改変しました。カンマ区切りで入れればいいだけだった。
目下、困っているのはLIKE BOXとIE9との相性が悪い?こと。IE9だとウォール表示した場合にスクロールバーが表示されないのだ。FireFoxやSafariは問題ない。この件については引き続き調査。




| いくら | WEBライフ | comments(4) | - | 21:45
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
著者:いくら

・ツイッター@ikura_hitrip
運営WEBサイト
■いくらの愛機
LUMIX G3 Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラ/ボディ フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-G3-W
Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラ DMC-G3-W
本ブログに掲載の写真はこのカメラとiPhoneで撮影しております。
レコメンド
■OTHERS
更新カレンダー << April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>