イクライフログ

旅好きクリエーターいくらによる
旅・仕事・資産運用・節約・保険・美容・変形股関節
new最新記事
<< 転職先で徹底的にアナリティクスやリスティング知識を身に着けた | トップ | 休日のタスクいろいろ >>
2度目の転職6か月目の手記

今年5月に人生2度目の転職をして早半年が過ぎた。

結論から言えばこの転職は大成功でした。

この転職で一番得たかったことを達成できたから。

それは「時間」。

仕事人生18年目にして初めて”時間にゆとりある働き方”をしている。

 

最初の会社では15年、とにかく残業が当たり前で時には会社で夜を明かしたこともあった。ひどい時で残業月80時間はあったかと思うが、残業代は一切でない会社だった。晩年は仕事が減り人も減り残業も減り、月40時間くらいだったが、残業がない日はなかった。

次の会社ではいろんな面で大きなステージ変更をした。まず、WEBデザイナーへの転身。そして1万人規模の巨大一流企業のグループ会社への就業。あらゆることがグレードアップして夢のような世界だった。残業代がきちんとでるため給料も格段にあがった。ここで学んだことは本当に大きく、この経験があったからこそ今がある。

しかしここでも一つだけかなえられなかったのが「ゆとりある働き方」だった。残業時間は平均60時間を超えた。職場が以前より遠くなったことも分かっていたとはいえマイナスだった。

ここで1年8か月。ある程度の経験、実績などを身に着けたところで再び転職したのが今の会社だ。

定時であがるのが当たり前の雰囲気。多少は残業をして月20時間程度。20時までいるとほとんどみな帰ってしまい、まるで深夜残業のような静まりになる。

「もう有給休暇つかいきっちゃって〜」なんて、今までの会社で一度も聞いたことがないセリフが周りにあふれている。”有給は使えず残って無駄になくなる”というのが、いままでのあたり前だった。

こんな世界があったなんて。

 

前職がネームバリューのある会社だったので、名前を出すと一目置かれることも多い。そういう会社にいたのかと、後になって気が付く。給料についても前職があったからこそ有利に交渉できた。残業代を差し引いて考えれば前職よりむしろ良い。

仕事の内容については、前職よりレベルが落ちたのは確かだが、それが逆に自分がスキルアップするにはぴったりな環境だ。

例えるなら、前職はすでにきれいに整地され管理された畑を任されていた感じ。機械も最新鋭で環境も抜群。

対する現職は、未開拓の荒野を丸投げされた感じ。桑をもって耕すとこから始める感じ。やることは盛りだくさんだ。

 

●2度目の転職のポイント

・残業がかなり減った

・残業代がちゃんと1分単位ででる

・職場が近い(ドアtoドアで35分)

・給料も満足

・人間関係もよい

・会社規模もよい

・仕事内容が自分にぴったり。100%やりたいことをやってる

・人を機械のように扱う時間管理がない(最初の会社にはあった)

 

一つ心配していることは、仕事がとてもゆっくり動くということだ。

前職で学んだ”スピード感”をここでは発揮する必要性がない。

このままこれになじんでしまう危機感。

前職でスパルタで学んだことをひとつひとつ忘れて行ってしまっている危機感。

PDCAを回すこと、KPIとKGIを常に考えること、自ら課題をみつけて改善策を提案すること、能動的に目標を作りアクションを起こすこと(そういえば前職で目標に設定させられた”新しいLPをゼロベースで作る”はできる気がしなくて大きなプレッシャーだったことを思い出した)、結果を出し報告すること、そして評価されること。

これが必要とされていないから楽なのだけど、だからこそ毎日残業なく帰れているのだけど、

これを忘れてしまったら堕落していく気がする。それでいいのか。

 

前職では目の前の仕事だけやってればいいということではなく、プラスアルファを要求されていたのがプレッシャーだった。

・新しいバナークリエイティブを生み出し続けること(コツはつかんできたけど)

・キャッチコピーワークのダメ出し

・新しいLPを作ること(情報設計がうまくいかないこと、コミニケーションがうまく取れないことが怖かった)

・新しいページを作ること(デザインやUIのスキル不足)

・エンジニアの目にかなうコーディングをすること

・スケジュール管理や工数管理をすること(言い換えればその権限があったともいえる)

それらプレッシャーはストレスでもあったが、うまくいったときは達成感と喜びを感じていた。

 

他にも、いくつか問題はある。この後徐々に解決していきたいと考えている。

 

この職場で何を求めるか。

自分の人生における”働き方の定め方”の問題。

 

好きな仕事を程よくしてほどよくお給料がもらえればそれでいいのか。

それでいい気もする。

ほんとうに役職をもらって昇進したいのか。上を目指したいのか。何のために。

 自分のやりたいように自由に仕事をするため。-ストレスフリー

 変なダメ出しをされないため。-ストレスフリー

 自身で工数やスケジュール管理 -権限と自由

 

上を目指す理由はIにつぶされないよう権限の拡大と自由とストレスフリーのためだ。

でもマイナスもあるのではないか?考える必要はある。

 




こちらのサイトもヨロシク>>「ひとりっぷ」海外一人旅のノウハウ
| いくら | クリエーターの転職 | comments(0) | - | 00:42
コメントComment





Facebookコメント
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
著者:いくら

・ツイッター@ikura_hitrip
運営WEBサイト
■いくらの愛機
LUMIX G3 Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラ/ボディ フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-G3-W
Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラ DMC-G3-W
本ブログに掲載の写真はこのカメラとiPhoneで撮影しております。
レコメンド
■OTHERS
更新カレンダー << November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>