イクライフログ

旅好きクリエーターいくらによる旅・バイク・仕事雑記 since 2005
new最新記事
バイク置き場が近くにできたYO
長年の悩みの種であるバイク置き場。
ネックになるのはうんざりするほど高い東京の地価である。

最初利用したのは自宅から1.2キロも離れた場所にある高架脇の有料バイク置き場。
ここが1カ月7350円。2010年10月〜2012年4月まで19か月(約1年半)利用しました。
バイク置き場に行くまでが遠くて到達するまでにバイクに乗る気分も失せる距離でした。

2012年5月から駅地下にある公共パーキングのバイク月極め枠に空きが出たのでこちらに移動。月10000円と高くなってしまうが、自宅から近くなる距離にして600mと半分!)のはやはりいい。地下なので屋根もあって雨風しのげるし管理人もいて防犯にもよいということで自分を納得させる。でも高いな〜高いな〜と思いながら現在に至っている。

つい先日、駅前から自宅に戻る帰り道に新しくバイク置き場ができているのを見つけた。
「うわ!こんなとこにバイク置き場!自宅から近いしちょーいい!月極めないのかな?」
高架下にあり自宅からの距離は約400mほど。でも一見したところ時間貸しのようでした。
「うーん、月極めあればいいのに。。。」
いったんはあきらめたものの、後日、新たな展開が。

 現在利用している地下パーキングの事務所に賃料の支払いに行った時のこと。ふとテーブルの上を見ると、”月極めバイク置き場”のチラシが目に入りました。記載されている地図は明らかにこの前見たバイク置き場の場所です。しかも賃料月7350円!
「す、す、すいません!これ、新しい月極めできたんですね?!」
管理室のおっちゃんにコーフン気味に確認すると、どうも経営しているのは別会社とのことで(確かに西武系列と書いてある。地下駐車場は区の管轄)チラシだけもらって後日連絡することにしました。
記載されていた電話番号に電話すると、感じのよい若い女性スタッフが丁寧に案内してくれました。空きはあるので資料と申込書を郵送してくれるとのこと。

やった。
自宅からさらに近くなるうえ賃料も下がる。
地下じゃないから出し入れが楽。高架下なので屋根あり。
こんなに嬉しいことはない。
防犯面でグレードダウンするけれど、メリットのほうがでっかい。
毎月2650円も浮くとなると、愛犬マカロンのペット保険をグレードアップだってできちゃうではないか。


・・・でも。
7350円で安い安いとうっかり喜んでしまったが、冷静に考えればこれだってなかなかの支出なのだ。7350円、1年使ったら88200円。
駐車場にお金を払ったことのない土地ありあまる田舎で生まれ育っただけに、地代でこんなに飛んでいくのは心臓が痛い。。一時期住んだ埼玉の駅前アパートでさえバイク無料だった。

今までパーキングに使用した総額を計算すると
最初のP:7350円x19カ月=139,650円
地下のP:10000円×13カ月=130,000円
合計・・・269,650円。
 ((((;゚Д゚))))
中古のバイク一台買えちゃいまーす。

バイクが200cmに収まるサイズなら自宅マンションのバイク置き場に月2000円で置ける。
もしバイクを20万円で200cm以内のバイクに買い変えてマンションに置いた場合、
今後3年間でかかる経費は
20万円+(2000円×36カ月)=272000円
エリミに乗り続けるなら、
7350円×36カ月=264600円

ここが損益分岐点。
でも200cm以内のバイクって、けっこう限定されちゃうよねぇ。

バイクを、単なるお金のかかる趣味に終わらせなければいいのだと思うの。バイクを持っていることを生かして、なんらかのプチ収益をえるとかさ。WEBコンテンツ作って広告収入とか。
・・・そんな時間ナインデスケドネ。旅サイトだけでいっぱいいっぱいで実際バイクサイトは持っているけど放置状態。
バイクに興味ない旦那さまが「手放せ〜」とは言わないのがありがたし

東京でのバイクライフはプランニングが必要です。

| いくら | バイクライフ | comments(5) | - | 12:53
女子にもできたエリミネーター250Vバッテリー交換奮闘記
■バッテリー交換
生まれて初めてのバイクバッテリー交換。自分にとってはある意味冒険でとてもエキサイティングな体験だったので、ここに奮闘記&忘備録として記録しよう。

旅行やらなにやらでバタバタしていてバッテリーを購入したのはGWあけてから。
バッテリー交換なんて自分でやったことないから、正直不安でほんとはショップに持って行ければ良かったのだけど、バイクを地下駐車場に止めてあるので運び出すのが難儀かと思って。
でもバイク用バッテリーはネットなら格安なものがいっぱいあることを知り、「この値段なら万が一失敗してもいいかな」とちょっと気が楽になったこともありレッツチャレンジ!
何事も経験である。

購入したバッテリー。

「ふむふむ、この液体を入れればいいのか」と説明書に従い気軽に手を進めたが、よく読んだら液体が「希硫酸」(つまり硫酸?!)であることに後から気が付いてビビるいくら。電器の仕組みがいまだよくわかりません。

買ったのはこちら↓楽天で2400円でした。やす〜。

バイク用バッテリー【あす楽対応〜九州〜】【液別密閉】ZTX7L-BS yucellオリエンタルバッテリ...


交換方法はネットで検索したらEVOC総長もんまさんの解説ページがヒット、ありがたくプリントアウトして携帯しいざ出陣。
バイク置場に来てみれば、
テールランプがバリバリに割られていていきなり出ばなをくじかれる。
誰じゃゴルァー!
誰かがバイク出し入れの際にぶつかったのだろう。
月極でも停めるところは自由なので今後は手前ではなく一番奥にしようと誓う

気を取り直してさっそくエリさんをばらします。
バッテリーを見えるまでにするのはもう何度もやっているので問題ないのだけど、今回はそのバッテリーを引っ張りださなくてはなりません。
はたと困ってしまったのは、どうしても引っかかってしまうパーツがあることです。
こちら

この鉄板がじゃましてバッテリーが取り出せません。
「むむむ・・・この鉄板も外さなきゃいけないのかな・・・」
鉄板は4つのネジで固定されています。片側は簡単に取れるけれど、もう片側が問題です。サイドカバーがじゃましてネジが外せません。
「ってことはもしやこっちのサイドカバーも外さなきゃいけないの?」
このサイドカバーがこれまたスンナリ外れそうにありません。リザーブのつまみがあったりと、できればばらしたくはない感じ。。。
なんかこの話題、いつだったかEVOCの掲示板で見たような気がする。ちゃんと見とけばよかったな。
でも、もんまさんのあんちょこの画像を見る限り、鉄板は片側しか外していないように見えます。片側だけはずせばイケるのかな。
そんなこんなでこの部分が一番手間取りました。
しばし奮闘した結果、鉄板の片側だけネジを外し、じゃっかん強引に鉄板を持ち上げてジャンクションボックスを横にぐいぐいとずらして鉄板に挟む感じに固定、なんとかバッテリーが取り出せそうです。
「エイっエイッと・・・とれたー!!」
鉄板を取り外さなくてもバッテリーを取り出すことができました。

新しいバッテリーを置き換えて、順番を間違わないように慎重に固定して・・・
「ってあれ、ねじが固定されない・・・。」
どんだけ回しても空回りするだけです。
「お、おかしいな・・・」
これまたうっかりしていてバッテリー固定用のねじは反対側にナットを入れなくてはならなかったのです。もっかいバッテリーを引っ張り出して(小さいのになんて重いんだこの子は)ナットを入れて、今度こそ・・・。
「し、閉まったー!」
ネジが閉まったくらいでひとり大喜びするいくら。

そこへ駐車場の管理人のおっちゃんが見回りに登場。一応説明しとかなきゃか。
「すいません、さっきからゴタゴタ作業していて。バッテリー交換中でして」
「いやいや、大丈夫だよ。すごいね、マシンに詳しいんだね」
「いぇいぇそんなこともないんですけど」(えっへん
「あれ、素手でやっているんだ?どっかに軍手なかったかな・・・」
「あ、大丈夫です、ありがとうございますっ」
細かい作業するのに軍手は苦手なので素手で作業していたのだ。

これでとりあえず交換はOKなはず。すべてのネジを締めてシートもはめて、元通り
「って、あれ、そーいえばもしちゃんとエンジンかからなかったらまた開けなきゃいけないとか?」

・・・・。

否!きっとかかる。絶対うまくいく。・・・と信じてる。

とはいってもやっぱ電気だから、ちょっと怖い。。なんか間違って繋いでて爆発とかしたりしないよね・・・。
小心者いくらが出現。
「よ、よし、頭を冷やすためいったんここを離れよう」
まっくろに汚れた手を洗いにトイレにいった。


さて。やりますか。やらなきゃならんのだよ。
気を取り直していよいよエンジン始動テストです。
はたから見たら明らかに挙動不審な動作でまずは鍵を回しました。

エイッ! (すぐに離れる)

・・・電気系統はちゃんと点灯。
爆発も、しない。
ってことはちゃんと繋がってるってことだよね。

じゃ、じゃぁ、セル回すよ?
ドキドキドキ

・・・きゅるるるる

「うおっ!ちゃんと回った!」
古いバッテリーより元気に回っています。
交換は成功だ\(^O^)/

しかし。

しかし。

しかし。

エンジンがかからない(T_T)
何度もセルを回すもなかなかエンジンがかかりません。

えーと。
とりあえず、調べよう。
ネットで検索すると、ひとつの有力な回答がありました。
「長期間乗らなかったせいでガソリンが悪くなりキャブがかぶっているのでは」
・・・そうだとするともう自分でどうこうできる範囲ではなりません。

私にできる努力はここまでかorz

お世話になっているレッドバロンに電話。
「すいませーん、エンジンがかからなくて〜・・・・」
相談したところ、バイクを引き取りに行くことは可能だけど、保険を通せば無料で移動できることもあるからまずは保険を確認してみては?という好意的な回答をいただきました。
いったん電話を切る。
保険を確認するには自宅に戻らなきゃ。でももうちょっとダメもとで頑張ってみようか。とりあえず停めるところだけ一番奥に移動しよう。
バイクを奥の駐車場に移動してから最後にもうちょっとだけ、とセルを回していると、ふと声をかけられました。
「よかったら手伝いましょうか?」
停めていたバイクをとりにきた通りがかりのおじさまでした。
「あ、や、だ、大丈夫です
彼はどうやら私がバイクがうまく停められなくて苦戦しているように見えたようでした。状況を説明して丁寧にお礼を言って行ってもらいました。何はともあれ、親切心は嬉しい。

「うーん、今日はおじさまにもてるな」←勘違い

その直後だ。
セルを回して聞こえるエンジン音にわずかな変化を聞き取ったのは。
「ん?!もしや?!」
2度・・・3度・・・セルを回すたびに徐々にその低音ははっきりとしてきた。
・・・そして

ブロロロロ・・・

「!!!!!」
かかりかけたエンジンはすぐに止まったが、ここまできたなら・・・

ブォン!ブロロロロ


かかたー\(≧▼≦)/!!!

***************************

そんなこんなの貴重な体験バッテリー交換奮闘記。
できなかったことができるようになるって嬉しいね。
でもいろんな人に心配やら迷惑かけてしまった。
同時にいろいろな親切をいただいちゃって、ハートフルな経験でもありました。
ごめんなさい、ありがとう。

エンジンがかかったその後は、バッテリーを充電するため周辺を少し走って、その足でさっき電話したレッドバロンまで行ってきました。エンジンかかりました報告&割られたテールランプカバーの注文をしに。そこでテールランプの常灯?が切れていることが判明。パーツが届くまでと赤い電球を無償で貸してくれました。(赤いカバーがないのでクリア電球だと違法になってしまうんだそうで)
ありがとん


待つこと1年半の狙っていた駐車場に空きが出たと連絡をもらったのが3月末。前の駐車場より近くて屋根付き&盗難防止付きなので便利になります。少し高くなるのが難点だけどしばらく利用予定。

バッテリーをあげるたびに、
「私はバイクに乗る資格はないのではないか」
と後ろ向きな気持ちが芽生える。ほんとはちょくちょく乗らなければならない乗り物だ。
今回はぎりぎり自己解決できたけれど、もしまたいつか乗らないせいで動かなくしてしまってショップに頼らなければならなくなったら、その時はバイクを手放す時だと思ってる。

こんな不甲斐ないオーナーなのに
走ればいつだってエリミは元気をくれる。
エリミと出会い乗り始めて丸10年。
未だに飽きることなく、どんなバイクよりエリミが一番だし大好きだ。
もう少しだけ、どうか、よろしく。



■後日談:
バッテリーを交換して1年が経ちました。正直、安かったのでどうなの?ってちょっと不安だったのだけど、今でも全然快調です♪ 2013年5月記

サイト: いくらのエリミネーター250Vライフ

■余談:バッテリー交換に至る経緯
●エンジンがかからない
「あぁぁまたやってもうた。ごめんよエリさん・・・」
 ほんと毎度のごとく 乗っていないために あげてしまったバイクのバッテリー。。
車とブースターで繋いでエンジン始動!は何度かやっているので、今回もまたその作戦です。マーチ君は実家なので今回はオット君&プレオ君に助けてもらいます。
4月のある晴れた週末、オット君&プレオ君にバイク置場まで出動してもらいました。
さっそくエリミをばらそうとしたら、、、
シートを外すために外さなくてはならない荷かけフックを外すための六角レンチがありません。どこいったΣ( ̄□ ̄;)
そう、エリさんはシートを外すまでの道のりが長いことで有名なのです。
ここで一度断念。。。六角レンチを購入して別の日にリベンジ。オット君、ごめん。

そしてリベンジDay。またまた週末にオット君&プレオ君に出動してもらいました。
まずはバッテリーを出します。サイドカバーを外し荷かけフックを4つ外し荷かけフック下のメッキカバーを左右外してねじを左右後ろの3か所外してやっとシートが取れる。バッテリーの上のジャンクションBOXを横にずらしてねじで止めてあるカバーを外してやっとバッテリーとご対面。
車のバッテリーとブースターで繋いで、エイッ!始動!

・・・かからない。。。

どうもバッテリー自体、もうダメなようです。そういえば交換したのはいつだっけってくらい昔です。
作戦は変更。バッテリー交換をしなくては。
バイクはこの月から月極契約している公共地下駐車場に移動しました。


| いくら | バイクライフ | comments(5) | - | 21:36
バイクのタイヤ交換
IMG_7187.jpg
エリのタイヤ交換、世田谷ナップスにて。
今日なら25%オフです!
ダンロップのカブキが前後工賃込み、バルブ交換に窒素もプラスして22684円でした( ´ ▽ ` )ノ
セールは16まで。明日以降15までは15%オフなり。


| いくら | バイクライフ | comments(4) | - | 11:14
那須ツーリング
IMG_0315.jpg
気持ち良い快晴の中、那須までツーリングに行ってきました。
バイカーズゾーンのみなさんと。
大変お世話になりました

やっぱりツーリングは、ひとりより大勢のほうが楽しい。
かっこいいバイクとかっこいいライダーたちがたくさん

走るのには最適な気候と、素晴らしい快晴と、調子のよいバイク
たぶん、こんな最高のツーリングは奇跡だよ。

山頂からの絶景を見て思った
「海外ばかり興味が向いていたけれど、日本にもこんなすばらしい場所あるんだねぇ」

| いくら | バイクライフ | comments(1) | - | 07:48
エリミのメンテ
IMG_0340.jpg
リアに続きフロントのウインカーも逝っちゃいまして、純正パーツ取り寄せてもらって修理。予算の都合でぷらぷらになった右だけ。片方だけで5000円なんて。。。
ついでに久しぶりにオイル交換も。
あんまり距離は走ってないのだけどね。
エリミを買った時にレットバロンのオイルリザーブシステムに入ったのだけど、8年経っても30リットル使いきれていません(^_^;)




| いくら | バイクライフ | comments(3) | - | 19:28
夏休みを消化しよう
IMG_7003.jpg
せっかくの夏休みなのに、生理痛もあってうだうだ過ごした3日間。
出かけたのは池袋くらいでそれ以外は練馬をでていないではないか。 
これではいかん 
消化不良気味な気分を払拭すべく、小さなリュックを背負いヘルメットを持って家を出た。

「入間のアウトレット&コストコあたりに行こう」

バイク置き場は自宅から徒歩15分も歩いたところにある。炎天下の中そこまで歩くともう汗だっくだく。せっかく奮い立った気持ちを萎えさせるには充分だ。
「うぅ、アツイ。。やっぱ行くのやめようかな。。。」
バイクを前にして葛藤が生まれた。
でも、夏休みを消化するためにはバイクに乗らなければならんのだ。と謎の思い込みで気持ちを奮い立たせていざ出発。

一番心配なのは渋滞だった。行きはともかく帰りは特にあぶなそうだ。でもそうこう考えているうちに関越の入り口に達してしまい、えーい、なせばなるさ、と突き進む。 
練馬→鶴ヶ島経由→圏央道 入間のひたすら上道ルート。
暑くて暑くて走っている間に頭がふわふわしてきた。うぉ、熱中症か?!こんなに暑いのにバイクなんて私はどんだけMなのだ。
なんて考えながらも1時間ほどで目的地に到着。クラクラ。
ふらふらしながらまずはエネルギー補給に向かう。クレープとミルクティ♪幸せ♪
実はちゃんとひとつだけ目的があった。コストコの退会だ。ずいぶん前に初めてきて入会したものの、それ以後なかなか来る機会もなく今日に至った。このぶんじゃ年会費を払ってまで会員でいる意味がない。1年以内の退会なら会費4200円がまるっと返金されるのだ。
いくぶん混雑も落ち着いていて、前回長蛇の列で手に入れられなかったテーブルロールひとつだけを買って退会手続きをした。わかる人にはわかると思うが、コストコで”たった一つだけを買う”というのはなかなかできることじゃない。
IMG_7624.jpg
ところでこのテーブルロールがとんでもなくて。大きな袋にロールパンが36個も入っているのだ。これでお値段500円ほど。ネットがないので入れるところは背中のちいさなリュックだけ。。。むりやり詰め込んだら意外と入りました。

アウトレットもちょっとだけ見たけど、時間がないので買い物はせず。
チャックがしまらなくてパンがはみ出したリュックを背負って帰途です。

行きは死にそうだったのに、帰りはなぜか元気もりもり快適走行(クレープが効いたらしい)
やっぱ夏でもバイク好きだーっバイクライフサイコーっ
渋滞もぜんぜんなくてハナウタ歌っているうちにスムーズに練馬IC到着。
ふと気がつくと、エリのウインカーがぷら〜ん。ありゃりゃ。
そのまま練馬の赤男爵にピットイン。 
「ウィンカーはひとつ5200円ですねー」
た、たっかー!
でも背に腹はかえられん。注文して取り寄せです。

往復100キロほどのバイク散歩。やっぱね、気分転換にはこれ以上のものはないですよ。
暑いとか、紫外線が、とか、汗が、とか、体力が、とか、お夕食の時間が、とか、
そんなことを考えるようになって、昔ほどロケットスタートできなくなったけれど、確実なリフレッシュになってテンションあがって調子がよくなるって解ってるから、走り出しちゃう。

明日から仕事始め。この調子でいきましょー。


| いくら | バイクライフ | comments(4) | - | 22:59
バイク散歩〜お台場
IMG_0044.jpg
自宅から、アクアラインとお台場は地図なしで行けるようになったよ。
っていってもひたすら環七まっすぐの単純ルート限定。

で、今日はひさしぶりにお台場までエリで走ってきました。
この二日間は主に家にいたので、最終日くらいバイクのろうかと思い立って。
別にお台場に用事はなかったのだけど、レインボーブリッジを走るのが好き。
何することもなく、プレッツェルとかき氷食べてクールダウンして帰ってきました。
往復で70キロほどのプチツーリング。
距離的には”バイク散歩”
夏場のツーリングはへたにスポーツクラブで適当な運動するよりいいスポーツになるね。

ところで、メーターが170キロをさしていて、
そーいえば前回のツーリングから給油してなかったっけとガソリンスタンド立ち寄って
まんたん入れたら
「3リッターでーす」
ええええ?!まさかの燃費リッター約56キロ?!Σ( ̄□ ̄;)

・・・んなわけなく。
前回のツーリングで後半に一度給油したとき、メーターゼロにしてなかっただけというオチでした。

| いくら | バイクライフ | comments(2) | - | 22:57
東京湾岸まったりツーリング

楽しい仲間たちと一緒にツーリング。
念願のフェリーに乗れました♪

走行距離約200キロほどのちょうどよいツーリング。
のどかな房総を走って
おいしいものたくさん食べて
荒行もして
そして念願の東京湾フェリーに乗って
充実度120%!

あまり気合いを入れずにカジュアルスタイルのクロップドパンツで行ったのだけど
日差しを侮ってたー。
ヒサから下がまっかっか。
てへ。

みんな、ありがとう!
超楽しかった。

今回の旅のルート記録:

より大きな地図で ツーリングログ を表示

| いくら | バイクライフ | comments(4) | - | 12:01
リハビリ秩父ツーリングレポ【EVOC】

いくら「体も回復したし、気分転換にエリで走りに行きたいなぁ」
らんでぃさん「よし、じゃぁお兄さんが快気祝いに企画してあげよう、どこに行きたい?」
いくら「那須!」
らんでぃ「な、那須ですか」
いくら「アルパカに会いたいのだ」
らんでぃ「いや〜今の季節那須は厳しいかも。。雪とか。。。」
いくら「おぉう、雪とか考えてなかったよー」
らんでぃ「秩父辺りはどうだい」
いくら「秩父なら走り慣れてるのでリハビリにはいいかも♪」

そんな具合にはじまったEVOC秩父ツーリング企画。
らんでぃさんが緻密にルートを計画してくれて、EVOCの掲示板で呼びかけて、この極寒の中集まったのはなんと14名みなさんどMです
今回のツーリングはすっかりらんでぃさんにおんぶだっこで楽させてもらっちゃったなー。走行距離200キロ程度とお気軽ミドルコースでみんなとまったり慣らし運転しよう

ところが。
その考えは、あまかった。
最近EVOCではやりらしい「荒行ツー」になるとは予想だにしていなかったいくらです。




夜明けとともに自宅を出発。
シャツ二枚にセーター二枚にライダージャケットの装備でもやっぱり寒い
極寒のなか関越道をひた走り、向かうは集合場所高坂SA。

時間どおり8時に集合。
みんなひさしぶり(≧▼≦)/

IMG_0889.JPG高坂を出発し花園でおりて、道の駅で他のメンバーと合流。総勢14人になりました。
たくさん並んだバイクが圧巻です♪
開会のご挨拶と自己紹介と記念撮影をしていざ出発☆

あや「今日はなんだかあったかいわねぇ」
もしもし??昨晩のお酒が抜けてないですか〜?

とはいっても、曇り予報を覆して見事晴れ◎
雨男たつろーさんの力およばず?

長瀞石畳、秩父華厳の滝、秩父ミューズパークなど、途中スポットに立ち寄りながら順調にツーリングは進みます。
久しぶりの峠道もなんとか走れるぞ。途中凍結している部分でタイヤをとられてひやっとしたけど、そこだけだったみたい。
そしてランチは「わらじかつ丼!」
これまた美味しい☆

それからループ橋の先まで足をのばし戻る感じで299号へ。
道の駅あらかわについた時にはだいぶ日も暮れかかっていました。

・・・そして、ここからが荒行の始まりです。

真冬の夜間に峠道(林道)を走ったのはバイク人生で初。

ん?

この先路面凍結。走行注意

・・・今なにかすごい怖い看板が目に入ったんですけど。

おっかなびっくり見えない道を走るのはまさにアドベンチャー。
リアルアトラクションです。

命からがら峠に到着。
でも、そこに待っていたのは・・・

すばらしい夜景

すごいっ(≧▼≦)

ウルフ「らんでぃさんはこの景色をいくらさんにプレゼントしたかったのサ」

らんでぃさんありがとう。

今日の格言。「荒行なくして感動なし」

下りのヘアピンカーブで落っこちそうになったりしながら、
無事最終目的地の入間アウトレットに到着。
・・・でももう買い物する気力は・・・。
あや「あたしあそこみたーい!!」
あや姐さんは元気です。

そして夕ご飯を食べて解散となりました。
おつかれさまです!
みんな、ありがとう

| いくら | バイクライフ | comments(7) | - | 21:56
久々エリさん
IMG_0728.JPG
エンジン快調♪
しばらく乗れなくなると思ってたけど
ガンガン乗れます( ´ ▽ ` )ノ

でも冬になっちゃうね。

| いくら | バイクライフ | comments(2) | - | 16:39
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
著者/運営者

運営WEBサイト
レコメンド
レコメンド
レコメンド
■OTHERS

更新カレンダー << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>